女子ツク!people

小さなミス、大きな失敗、挫折、そして成功。第一線で活躍するプロたちの新人時代を紐解く、スペシャル独占インタビュー

  • 新着順
  • View数順
  • お気に入り数順

ないものは求めてもない。だったら作るしかない。水光涼の”多動力”のヒミツ。

堀江貴文の『多動力』という本をご存知だろうか?多動力とは、複数のことを同時に行なう力のことである。以前までは、ひとつの会社、ひとつの仕事で定年まで勤め上げることが当たり前とされてきた。しかし、今や転職が当たり前の時代。しかも副業すら一部企業...

ないものは求めてもない。だったら作るしかない。水光涼の”多動力”のヒミツ。

若者が前を向くきっかけは、若者がつくる。勧誘行為禁止の聖域に込めた想い

『U32の会』という会の名前を聞いたことがあるだろうか?20~30代前半の若手社会人が集まり、参加メンバーが1人15分ずつの持ち時間でそれぞれのいま悩んでいること、思っていることをざっくばらんに話す。その話した内容に対して全員で共感したり、...

若者が前を向くきっかけは、若者がつくる。勧誘行為禁止の聖域に込めた想い

未開拓の地に新たなレールを敷く。インテリジェンス中村が挑む“企業内起業”

2017年2月、総合人材サービス、パーソルグループのインテリジェンスから企業の新規事業を支援する“eiicon”というオープンイノベーションプラットフォームがリリースされた。創設者である中村は、企業の持つ技術が世間に認知されていない現状がビ...

未開拓の地に新たなレールを敷く。インテリジェンス中村が挑む“企業内起業”

「大切なのは受け取るチカラ」

2006年、15歳で女優デビュー後、映画、ドラマ、CMなど数々の作品に出演し、2011年大ヒットドラマ『家政婦のミタ』の長女役でブレイクした忽那汐里。4月8日(土)に公開される最新出演映画『ねこあつめの家』では、小説家の主人公を励ます熱血編...

「大切なのは受け取るチカラ」

「人の熱量を企業の内側から外側へ届ける」

2017年2月7日。“現場感“のある取り組みに着目する“グッド・アクション2016”が開催された。人の想いが原点となり、チームや職場に好影響を与える取り組みに光を当てるアワードだ。このプロジェクトをゼロから立ち上げたのが鈴木いづみ。まずは動...

「人の熱量を企業の内側から外側へ届ける」

映画監督:荻上直子「ターニングポイントは自分の中にある」

『かもめ食堂』(2006年)、『めがね』(2007年)など、抜群のセンスと独特な世界観でさまざまな女性から熱い支持を得る映画監督:荻上直子。 日本を代表する女性監督のキャリアは日本の大学卒業後に、USC(南カリフォルニア大学)の映画学科に...

映画監督:荻上直子「ターニングポイントは自分の中にある」

「やりたいことがある人間が一番強い」

『CanCam』など数々のファッション誌などで活躍。その後、女優デビューも果たし、映画やドラマなど数々の作品で活躍してきた臼田あさ美。最新出演作となる映画『愚行録』では、主人公の田中に情報提供をする女性カフェオーナーを演じている。惨殺された...

「やりたいことがある人間が一番強い」

作家:貫井徳郎「裏の顔がない人間なんて、つまらない」

世間を震撼させた一家惨殺事件。その真相を追うルポライター:田中(妻夫木聡)を中心に、事件の全貌、そして登場人物、それぞれの愚行が明かされていく……。 直木賞候補作ともなり話題を呼んだミステリー『愚行録』が映画化、2月18日(土)より公開さ...

作家:貫井徳郎「裏の顔がない人間なんて、つまらない」

「がんばれ」じゃなくて「大丈夫」

第44代アメリカ合衆国バラク・オバマ大統領が演説中に発した「Yes We Can」というフレーズ。多くの人々が胸を打たれたこの言葉の影には、本人に代わって演説原稿を執筆する“スピーチライター”の存在があった。最近では、安倍晋三内閣総理大臣の...

「がんばれ」じゃなくて「大丈夫」

『ニューズウィーク日本版』フォトディレクターの仕事~後編~

「写真だからこそ伝えられる真実がある」 『ニューズウィーク日本版』のフォトディレクターを務める片岡英子。彼女が企画から立ち上げた連載コーナー「ピクチャー・パワー」は、企画から立ち上げまでに約7年かかった。 『ニューズウィーク日本版』フォ...

『ニューズウィーク日本版』フォトディレクターの仕事~後編~

『ニューズウィーク日本版』フォトディレクターの仕事~前編~

世界を読み解く「写真の力」 週刊誌『ニューズウィーク日本版』の副編集長を務める片岡英子。フォトディレクターでもある彼女は、2004年に文章ではなく、写真を主体としてニュースを伝える「ピクチャー・パワー」という連載ページを立ち上げる。スーダ...

『ニューズウィーク日本版』フォトディレクターの仕事~前編~

支えてくれたのは“繫がり”

「ビットコイン(Bitcoin)」と呼ばれる仮想通貨があるのをご存じだろうか?「暗号通貨」とも「電子決済」とも呼ばれ、手数料が極めて安価なことから今最も注目される決済ツールである。そのビットコイン業界で「ミスビットコイン」と呼ばれるひと...

支えてくれたのは“繫がり”

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

スピードスケート競技のなかに、ショートトラックという競技があるのをご存じだろうか? 1周111.12mのトラックをまわり、着順を競う競技で最高時速は女子でも50kmを超えるといわれ、別名「氷上の競輪」とも呼ばれている。そんなショートトラ...

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

今年32歳。サロンモデルから始まり、現在ではまつ毛エクステサロンとネイルサロン計5店舗のオーナーをつとめる高山直子。2年前には念願のアパレルブランド『la Balance』を発表し、先日発売された初のスタイル本『NAOKO balanc...

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

2016年、連続ドラマ『重版出来!』から始まり、出演映画の公開も3本控えるオダギリジョー。23歳の時に俳優という仕事をスタートし、今年で17年目。ここまでずっと出演依頼のオファーが絶えない実力派。 クールなたたずまいからか、どこかエキ...

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

全部なくなって見えた、女優としての前田敦子

2012年8月、約7年間在籍していたAKB48を卒業後、翌年に公開された映画『クロユリ団地』を皮切りに、女優活動を本格始動した前田敦子。その後もドラマ、映画、舞台と、数々の作品に出演、瞬...

全部なくなって見えた、女優としての前田敦子

ワールドカップでまさかのスタメン外!? 世界の壁と挫折の味

オーストラリアのWilderness Lacrosse Clubで、日本人初のプロラクロスプレイヤーとして活躍する山田幸代さん。高校時代、バスケットボール選手としてインターハイ出場も果たして...

ワールドカップでまさかのスタメン外!? 世界の壁と挫折の味

この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい

14歳で、舞台デビュー。その才能はすぐに開花し、瞬く間に人気女優の仲間入りを果たし、以降、映画やドラマにと活躍。気づけば女優生活も今年で17年目を迎える、蒼井 優に“女優”という仕事につ...

この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

2016年、連続ドラマ『重版出来!』から始まり、出演映画の公開も3本控えるオダギリジョー。23歳の時に俳優という仕事をスタートし、今年で17年目。ここまでずっと出演依頼のオファーが絶えな...

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

フリーは重くて厳しい。だから、楽しい

現在さまざまなところで活躍されていますが、主な活動内容は? 現在は“美眉アドバイザー”の仕事がメインです。おもに3つの軸があって、1つめがお客様をマンツーマンで施術するもの、2つめがセミナ...

フリーは重くて厳しい。だから、楽しい

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

今年32歳。サロンモデルから始まり、現在ではまつ毛エクステサロンとネイルサロン計5店舗のオーナーをつとめる高山直子。2年前には念願のアパレルブランド『la Balance』を発表し、先日...

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

幼少からの夢を捨てて進んだ音楽の道、己の道を探し続けた20代

今年1月に日本コロムビアから「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」でデビュー、全国のFM/AMラジオ、CS放送で収録曲の「YAMABIKO」が52局のパワープレイを獲得し...

幼少からの夢を捨てて進んだ音楽の道、己の道を探し続けた20代

絶望をバネにして希望に向かえば、もっと強くなれる

女性ファッション誌『CanCam』など多くのメディアでモデルとして活躍後、NHK朝の連載テレビ小説『純と愛』で女優デビューを果たした高橋メアリージュン。その後も、映画やドラマと話題作への...

絶望をバネにして希望に向かえば、もっと強くなれる

支えてくれたのは“繫がり”

「ビットコイン(Bitcoin)」と呼ばれる仮想通貨があるのをご存じだろうか?「暗号通貨」とも「電子決済」とも呼ばれ、手数料が極めて安価なことから今最も注目される決済ツールである。そのビ...

支えてくれたのは“繫がり”

腹をくくった30代。つらい時こそ前を向いて笑っていたい

『日本の女を歌う』をテーマにリアルな日常を切り取る注目のシンガーソングライター・NakamuraEmi。特に女性のファンが多いという彼女の曲は、誰もが抱える迷いやジレンマ、内面の弱さを抉り出...

腹をくくった30代。つらい時こそ前を向いて笑っていたい

若さゆえのおろかさは、未来への糧

9月17日に公開される『オーバー・フェンス』。孤高の作家・佐藤泰志の函館三部作を映画化した『海炭市叙景』(熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(呉美保監督)。スマッシュヒットを飛ばした...

若さゆえのおろかさは、未来への糧

秘密も壁も、ない人生なんてつまらない

高校卒業後、19歳の時にデビュー。2014年に公開された映画『愛の渦』では、“誰よりも性欲の強い女子大生”役をオーディションで勝ち取り、一糸まとわぬ姿で大胆な濡れ場に挑んだ。着衣時間12...

秘密も壁も、ない人生なんてつまらない

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

スピードスケート競技のなかに、ショートトラックという競技があるのをご存じだろうか? 1周111.12mのトラックをまわり、着順を競う競技で最高時速は女子でも50kmを超えるといわれ、別名...

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

“高くて、おいしい“はあたりまえ、それ以上の価値を創造するのが使命

“プレミアムロールケーキ”の発売でコンビニスイーツ界に革命を起こしたといわれる株式会社ローソン。その後も、絶品スイーツを続々と打ち出し “ウチカフェスイーツ”というブランドを確立、OLか...

“高くて、おいしい“はあたりまえ、それ以上の価値を創造するのが使命

感じることが、生きている証

満島真之介は明るい。くったくのない笑顔に、人懐っこいトークで、その場にいる人たちを一瞬で笑顔に変えてしまう。そんな彼だが、9月17日(土)公開の映画『オーバー・フェンス』では、ある意味真...

感じることが、生きている証

幼少からの夢を捨てて進んだ音楽の道、己の道を探し続けた20代

今年1月に日本コロムビアから「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」でデビュー、全国のFM/AMラジオ、CS放送で収録曲の「YAMABIKO」が52局のパワープレイを獲得し...

幼少からの夢を捨てて進んだ音楽の道、己の道を探し続けた20代

フリーは重くて厳しい。だから、楽しい

現在さまざまなところで活躍されていますが、主な活動内容は? 現在は“美眉アドバイザー”の仕事がメインです。おもに3つの軸があって、1つめがお客様をマンツーマンで施術するもの、2つめがセミナ...

フリーは重くて厳しい。だから、楽しい

絶望をバネにして希望に向かえば、もっと強くなれる

女性ファッション誌『CanCam』など多くのメディアでモデルとして活躍後、NHK朝の連載テレビ小説『純と愛』で女優デビューを果たした高橋メアリージュン。その後も、映画やドラマと話題作への...

絶望をバネにして希望に向かえば、もっと強くなれる

全部なくなって見えた、女優としての前田敦子

2012年8月、約7年間在籍していたAKB48を卒業後、翌年に公開された映画『クロユリ団地』を皮切りに、女優活動を本格始動した前田敦子。その後もドラマ、映画、舞台と、数々の作品に出演、瞬...

全部なくなって見えた、女優としての前田敦子

この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい

14歳で、舞台デビュー。その才能はすぐに開花し、瞬く間に人気女優の仲間入りを果たし、以降、映画やドラマにと活躍。気づけば女優生活も今年で17年目を迎える、蒼井 優に“女優”という仕事につ...

この世界で狂うのは簡単、私は私でいたい

ワールドカップでまさかのスタメン外!? 世界の壁と挫折の味

オーストラリアのWilderness Lacrosse Clubで、日本人初のプロラクロスプレイヤーとして活躍する山田幸代さん。高校時代、バスケットボール選手としてインターハイ出場も果たして...

ワールドカップでまさかのスタメン外!? 世界の壁と挫折の味

秘密も壁も、ない人生なんてつまらない

高校卒業後、19歳の時にデビュー。2014年に公開された映画『愛の渦』では、“誰よりも性欲の強い女子大生”役をオーディションで勝ち取り、一糸まとわぬ姿で大胆な濡れ場に挑んだ。着衣時間12...

秘密も壁も、ない人生なんてつまらない

“高くて、おいしい“はあたりまえ、それ以上の価値を創造するのが使命

“プレミアムロールケーキ”の発売でコンビニスイーツ界に革命を起こしたといわれる株式会社ローソン。その後も、絶品スイーツを続々と打ち出し “ウチカフェスイーツ”というブランドを確立、OLか...

“高くて、おいしい“はあたりまえ、それ以上の価値を創造するのが使命

腹をくくった30代。つらい時こそ前を向いて笑っていたい

『日本の女を歌う』をテーマにリアルな日常を切り取る注目のシンガーソングライター・NakamuraEmi。特に女性のファンが多いという彼女の曲は、誰もが抱える迷いやジレンマ、内面の弱さを抉り出...

腹をくくった30代。つらい時こそ前を向いて笑っていたい

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

スピードスケート競技のなかに、ショートトラックという競技があるのをご存じだろうか? 1周111.12mのトラックをまわり、着順を競う競技で最高時速は女子でも50kmを超えるといわれ、別名...

滑るのは怖い、でも滑れなくなるのはもっと怖い

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

2016年、連続ドラマ『重版出来!』から始まり、出演映画の公開も3本控えるオダギリジョー。23歳の時に俳優という仕事をスタートし、今年で17年目。ここまでずっと出演依頼のオファーが絶えな...

隣の人を輝かせることに、身を捧げたい

門前払いも当たり前!?女性フードコーディネーターの快進撃!

美容栄養アドバイザー、石坂優子の経歴はちょっと異色だ。高校卒業後ホテル等で働き、2007年にミス・ユニバース ジャパン ファイナリストに選出。その後、食に関することを学び、同時に栄養士の資格...

門前払いも当たり前!?女性フードコーディネーターの快進撃!

感じることが、生きている証

満島真之介は明るい。くったくのない笑顔に、人懐っこいトークで、その場にいる人たちを一瞬で笑顔に変えてしまう。そんな彼だが、9月17日(土)公開の映画『オーバー・フェンス』では、ある意味真...

感じることが、生きている証

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

今年32歳。サロンモデルから始まり、現在ではまつ毛エクステサロンとネイルサロン計5店舗のオーナーをつとめる高山直子。2年前には念願のアパレルブランド『la Balance』を発表し、先日...

27歳は女の絶頂期、25歳は女の決断期

若さゆえのおろかさは、未来への糧

9月17日に公開される『オーバー・フェンス』。孤高の作家・佐藤泰志の函館三部作を映画化した『海炭市叙景』(熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(呉美保監督)。スマッシュヒットを飛ばした...

若さゆえのおろかさは、未来への糧
12