ソックスはOK?NG?オフィスカジュアル ギリギリジャッジ

ソックスはOK?NG?オフィスカジュアル ギリギリジャッジ

年々浸透してきているオフィスカジュアル。女性ともなるとその割合はスーツや制服をしのぐ勢い、かっちりスーツで出社する日のが少なくなってきています。とはいえ、カジュアル過ぎるのも問題。特に先輩女性の目はいたるところでキラリと光っています。これってギリギリOK?NG?ちょっと迷ってしまうカジュアルファッションを同じ女性目線で鋭くジャッジ!その結果とは…

パンプスにソックスはOK?

答え:NG
ファッション誌などで、パンプスにカラーソックスを合せるコーディネートをよく見かけますよね。ストッキングをソックスに替えるだけで途端にオシャレ度が上がり、若々しい印象になります。ついつい、会社にも履いて行きたくなるけどちょっと待った! 微妙なラインですがこれはNG。特に年配の社員が多い会社の場合は生足を見せるのは厳禁。上下スーツの足元をソックスにするのもダメ、足首までのパンツスーツの足元を短めのソックスにパンプスならぎりぎりOKな場合もありますが、避けた方が無難です。

カットソーはOK?

答え:OK
シルクコットンのカットソーなど、上質な素材のカットソーはOK。コットン素材でもリブが入っていたり、身体にフィットするタイトなデザインのものなら大丈夫です。反対にダボダボのTシャツっぽいカットソーはNG。打ち合わせや会議、客先に訪問するときは上にジャケットなどを羽織るようにしましょう。

チューブトップやノースリーブはOK?

答え:NG
こちらもNG派が多数。暑いのはわかりますが、相手が目のやり場に困るような服装はオフィスではマナー違反。同じような理由でミニスカートや短すぎるショートパンツ、背中が大きく空いたトップスもNGです。どうしても着たい場合は長袖や半袖のカーディガンを持参し、羽織るようにしましょう。

サンダルやミュールはOK?

答え:NG
なんとこちらもNG。爪先や踵の空いたサンダルやパンプスはオフィス向きではありません。「遊びに来てるんじゃないわよ!」なんて厳しい声が飛んでくる前に止めておきましょう。足元はパンプスか無難。パンツスーツの場合はデザイン性のあるローファーなども良いでしょう。

まとめ

他にも気を付けなければいけないのがネイル。派手な色やデザインはオフィスに向きません。ヌードカラーやペールトーンの単色やフレンチネイルで抑えるのがマナー。また、大ぶりなアクセサリーにも注意が必要。電話を取る際の邪魔になるようなイヤリングや、タイピングに邪魔になるような指輪は、オフィスでは外して通勤時だけに付けるようにすればOK。そして、客先に来訪する予定がある日はなるべくスーツ着用を心がけましょう。

OLファッションに関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます