“転職したいとき”ではもう遅い!?転職エージェントを利用するには最適なタイミングがあった!

“転職したいとき”ではもう遅い!?転職エージェントを利用するには最適なタイミングがあった!

スマホを持って空を見上げる女性

12月に入り、2018年も終わりを迎えようとしています。女子ツク!読者のみなさんは、今年の振り返りや新年の目標設定はもう済みましたか?この1年間でどのくらい自分がスキルアップしたのか。目標に対して達成度はどのくらいなのか。結果によっては、得たスキルを活かしてさらにキャリアアップしたいと思ったり、環境を変えなきゃダメだと気づいた人も出てきたりして。「どうしても今すぐ転職したい」という切羽詰まった理由はなくても「転職してみるのも良いかな」なんてぼんやり考えた人もいるのではないでしょうか。実はこのように、転職活動に前のめりになっていないときが、転職エージェントを使うピッタリの時期。今回は、本格的に転活を始める前に利用したい転職エージェントについてご紹介します。

“転職したいとき”ではもう遅い…!?

転職エージェントは、転職に関するさまざまなサポートをしてくれる心強い味方。たとえば、女子ツク!編集部が特にオススメしている女性の転職に特化したエージェント『女の転職エージェント』では、女性の転職に関するノウハウを教えてくれたり、非公開求人を紹介してくれたり、履歴書の添削や面接日程の調整までしてくれます。当然求人は、内定者が出たら掲載が終了し、毎週のように変わり続けていきます。そのため「今すぐ転職したい」と急いでいるタイミングだけ求人を見て転職してしまうのはもったいないんです。いくつか求人を紹介してもらって、良い会社があれば…と見定めるくらいの余裕を持っておいた方が良いでしょう。そのためにも、転職エージェントには定期的に通っておくのがオススメ。一番良いタイミングや条件に合った求人が入ったタイミングで声をかけてもらえるはずです。

注意するポイントは…?

エージェントを利用する際に注意したいことはふたつ。ひとつは「転職しても良いかな」と思ったきっかけは何だったのか今一度明確にしておくことです。ここを曖昧にしていたら、会社を紹介してもらっても転職すべきなのか否か判断できません。あとひとつは、1社にこだわらないこと。転職エージェントの仕事は属人的で、会社というより個人にバラつきがあるからです。どんなに有名なエージェント会社であっても、入社間もない経験の浅い方が担当になる可能性もあります。あるいは、どんなに無名なエージェント会社でもその道十数年の人に当たったりもするでしょう。まずは会社ばかりにこだわらず複数登録して、自分にピッタリのエージェントを探してみてください。

オススメの転職エージェント3選

スマホを持ってほほ笑む女性

女子ツク!編集部がオススメするのは、リクルートエージェント女の転職エージェントマイナビエージェント。特長をそれぞれまとめてみました。

リクルートエージェントは、保有する求人数が多く、第2新卒や狭い業界で働いていた方、高齢の方など一般的に難しいと言われている求職者にも幅広く対応してくれます。これまでの転職ノウハウの蓄積があるので、職務経歴書・履歴書の添削や希望する会社の面接の傾向を事前にアドバイスしてくれることもあるそう。電話で面接練習につきあってくれる手厚いサポートも。企業への交渉力もバツグンで「内定率が高い」と評価されているんだとか。

女の転職エージェントは、女性の求職者を大切にしているところ。「出産を視野に入れたキャリアチェンジがしたい」というような、女性ならではの転職の悩み相談がしやすいのもうれしいポイント。年間5000名以上の女性のキャリアカウンセリングを実施し、年間数百名の転職支援実績があるので、女性の求職者にとって心強い味方になるはず。

マイナビエージェントは、営業やIT・ウェブ、金融など、幅広い業界に強いことが特長。これは、マイナビがマイナビ転職の他にも、それぞれの職種に特化した「マイナビ看護師」「マイナビ薬剤師」など様々な人材紹介サービスを展開しているからこそできること。豊富な求人数の中でも、特に20代向けの求人や中小企業を中心に求人数を増やしていると評判です。

【まとめ】

転職を決意しないことには意識しにくい転職エージェントの存在。もちろんそれでも良いのですが、より理想に近い会社に就職するためには余裕を持つのをオススメします。最後にご紹介した3社は無料で利用できるので、まだ焦っていない今のうちに一度利用してみてはいかがでしょうか。

女性の転職に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます