朝の1時間は夜の3時間!?絶対にやってはいけない朝習慣

朝の1時間は夜の3時間!?絶対にやってはいけない朝習慣

二度寝する人

「朝の1時間は夜の3時間にも匹敵する」と言われていることをご存知ですか?それぐらい大変な時間帯なのにぼーっとネットサーフィンしたり、SNSにふけったり…なんて人、意外と多いのではないでしょうか。これ全て”朝のいけない習慣”が原因なんです。そこで今回は、女子ツク!読者が絶対にやってはいけない朝のNG習慣3態をあえてご紹介します。くれぐれもマネしないように…。

NG習慣1:二度寝する

二度寝で済めば良いですが、三度寝、四度寝…と続いてしまったら大変。「寝ていたら出社時間を過ぎていた」なんてことになりかねません。時間を守るのは基本中の基本。信用問題に発展する恐れもあります。二度寝の恐ろしいところは寝坊の他にも。それは、体内時計がズレる原因にもなること。特に休日は「気付いたらお昼まで寝ちゃって、午前中がムダになった」となりがちなので要注意です。一度アラームが鳴ったらちゃんと起きる習慣をつけましょう。

NG習慣2:朝食をとらない

「朝から食べると気持ち悪くなる」「食べる時間がない」といった理由から、朝食をとらないという人も多いのではないでしょうか。しかし、これも朝のNG習慣。というのも、脳が活発に動くのは、なんと午前中まで。それまでに、朝食でブドウ糖をとっておかないと集中力や記憶力の低下につながってしまいます。なんとなくイライラしたり、仕事にならなかったりする人は、朝食を抜いているからかも。少量でも何も食べないよりは良いので、毎日少しずつ朝食をとる習慣をつけましょう。

NG習慣3:駅まで走る

走る女性

「時間ギリギリで電車に間に合うかわからない!」と、朝からバタバタ…していませんか?ちょっと運動にはなりますが、一日のことを考えるとあまり良くありません。というのも、朝から焦っていては、その日の体力が余計に消費されちゃったりするから。やはり、余裕を持って一日のスタートダッシュをきりたいですよね。慌てていると忘れ物をしていたり、スーツの上下が若干色が違ったり…初歩的なミスをしがち。駅まで余裕を持って歩いていけるよう、朝から5分前行動を心がけましょう。

【まとめ】

通勤電車で、なんとなく「今日ダメな日だなぁ」と思うときありませんか?そういうときって、たいてい遅刻ギリギリだったり、忘れ物があったりしますよね。それが原因で「今日ついてないな」なんて思ったりして。物事に集中できなかったり、仕事でも引きずっちゃって悪循環に陥る可能性大。そうならないためにも、今回ご紹介した3つのことはやらないように気をつけてくださいね。

仕事・キャリアに関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます