20代女性の転職で役立つ!おすすめの転職サイトと転職エージェント

20代女性の転職で役立つ!おすすめの転職サイトと転職エージェント

面接をしている風景

社会に出たはいいけれど、なかなか慣れない仕事、会社、世の中のシキタリ…なんだか毎日がくすみがちで、学生時代のような楽しさが味わえない。そんなアーリーキャリアのもやもや女子って少なくないかも。先輩や上司は「今いる環境を自分の力で良くする努力を…」とおっしゃいます。そりゃ確かにそうなんですが、でもね…というあなた。思い切って転職して世界を広げてみませんか?今回は20代女性に贈る、はじめての転職を成功に導くための考え方や行動、おすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

20代を後悔しない!女性の“はじめての転職”成功メソッド

まず目的をはっきりさせることから!

そもそもあなたはなぜ転職をするのですか?人間関係が良くないから?上司や経営層と意見があわないから?仕事がつまらないからor自分にあっていないと感じるから?転職理由はひとそれぞれ。何が良くて何が悪いなんてことはありません。ただし、自分の転職の目的がぼんやりしていては理想の転職先は見つかりません。それどころか転職先でも新たな不満が生まれて職場を転々とすることにもなりかねません。まずは転職目的をはっきりさせることからはじめましょう。

スキルの棚卸しで着実に夢をかなえる!

たとえば転職の目的を「夢をかなえるため」だったとします。ではその夢とは…「ライターとして独立すること」だとします。ということでいきなり起業!ってキケンですよね。うまくいく確率は残念ながら低いでしょう。夢をかなえるためにもう一つ二つ踏んでおきたいステップがあるはず。そこでおすすめなのがスキルの棚卸し。いまの自分に足りない能力や、経験しておいたほうがいい業務が見えてきます。転職先としてふさわしい会社や業界がわかるだけでなく、新たな環境で活躍するための意欲もわいてくるはず。

内定はできるだけ多くの会社から!

20代前半は売り手市場。しかも「はじめての転職」であれば余計に企業からも求められる人材であることは言うまでもありません。だからこそ心がけたいのが「複数社からの内定」です。面接がトントン拍子にうまくいき話も盛り上がると、その会社のことを過度に美化して見てしまいがち。まさに恋は盲目ですよね。内定をいただいたらその場で即答、ではなくて、少し返答にお時間をいただき、他社とも比較しましょう。もちろんあまりにも長くひっぱりすぎるのは企業に対して失礼ですので、3日~5日のうちにお返事したいものです。

転職活動は転職サイトと転職エージェントの併用がベスト

転職活動には大きくわけて2つの方法があります。転職サイトを利用する方法と、転職エージェントを利用する方法です。一般的にはどちらか片方を利用して転職活動をすることが多いようですが、より理想の仕事、職場を見つけたいのなら、転職サイトと転職エージェントを併用するのがおすすめ。世の中にある求人と幅広く接触できる機会が増えるからです。

たとえば、転職サイトだけしか利用していないと、転職エージェントが保有している非公開求人等を知る機会がありません。一方で、転職エージェントだけしか利用しないと、転職サイトにしか掲載していない企業の優良求人を逃してしまうことも。満足のいく転職にするためには、まずいろいろな求人を見ることがポイント。そこから絞っていく方法がベターです。これから転職活動をはじめる方は、転職サイトと転職エージェントの併用を検討してみてください。

20代女性におすすめの転職サイト

転職サイト

とらばーゆ(関東)

オフィスワークはもちろん、アパレルや美容業界、医療福祉系求人が多い「とらばーゆ」。創刊1980年2月という長い歴史を持つ女性専用の求人サイトです。正社員募集求人の総数は697件。意外と充実しています。一番正社員募集があった職種は医療福祉系で、中でも多かったのが医療事務・医療の募集。次いで看護師、歯科・歯科助手。また、正社員募集の中で未経験OKの求人は243件、新卒・第二新卒歓迎求人は115件。職種はエステやリラクゼーションなど美容業界が目立ちます。アーリーキャリアでも美容業界に興味があり、早いうちから技術や業界知識を身に着けたいならぴったりではないでしょうか。アシスタント含む営業職や事務職などの募集もありますが、件数が少なめなので競争率は高いかもしれません。

とらばーゆを見てみる

女の転職@type

“正社員として長く働きたい女性のための転職サイト”として展開しているだけあって、事務職はもちろん営業・企画職、クリエイティブ・エンジニア系の専門職募集も多い転職サイト。そんな「女の転職@type」の正社員募集求人の総数は1651件。一番多かった職種が営業・企画・マーケティング系。次いで、事務・経理・人事系、サービス・販売系。「とらばーゆ」とは異なり、医療福祉系の件数は少なめ。職種にこだわらなければ、正社員かつ未経験OKの求人は879件、第二新卒OKだと820件。アーリーキャリアでも、営業職からコンサル、事務職、企画職などオフィスワークで転職を考えている人におすすめです。経験がある方なら、注目求人として上場企業や大手企業の求人もあるので、キャリアアップのチャンスが掴めるかもしれません。

女の転職@typeを見てみる

エン転職WOMAN

「エン転職」の求人の中から、女性歓迎のものを集めた転職サイト。全求人数2191件のうち、2002件が正社員募集(全国・海外含む)。関東に絞った場合でも1491件と、手堅い求人数ではないでしょうか。さらに職種・業種未経験、第二新卒者歓迎の条件をつけても1287件。全体の募集職種は数字で見ると一般事務が一番多いですが、バックオフィス系や営業・企画職、IT・Web業界も強いようです。どちらかというと自ら稼いでいきたい、今後のキャリアを重視するバリキャリ女子向けの求人が豊富。中には高年収モデルの求人も。

エン転職WOMANを見てみる

ウィメンズワーク

エン転職WOMANは、掲載求人件数がかなり多いので、いちいち正社員だけに絞って探すのが大変…という方は、同じエン・ジャパンが運営する「ウィメンズワーク」がおすすめ。正社員または正社員登用ありの求人情報だけを限定掲載した女性向け転職サイトです。東北、関東、東海などエリアごとに分かれており、関東版だけでも1830件掲載されています。

ウィメンズワークを見てみる

20代女性におすすめの転職エージェント

転職エージェント

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)は、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントサービス。コンセプトの通り、20代の若者向けの紹介求人が豊富にあります。その数は2000件以上、うち未経験OKの求人も1300件以上。今のキャリアをベースに仕事の幅を広げたいという人から、思い切ってキャリアチェンジしたいという人まで、自分の理想にぴったりの求人を見つけることができるはずです。また、履歴書や職務経歴書の書き方をレクチャーしてもらえるコンテンツもあり。効率よく転職活動に取り組めるでしょう。

マイナビジョブ20’sを見てみる

パソナキャリア

30,000件以上の豊富な求人を持ち、未経験でも応募できるポテンシャル求人から、経験・スキルを活かせる求人、さらにはリーダーやマネージャー、部長、事業責任者クラスの求人まで、幅広く取り扱っています。取引企業もベンチャーから大企業まで。一人ひとりのキャリアや志向などにあわせて求人を紹介してもらえるので、20代の転職や女性の転職でも理想の働き方を実現できるキャリアパスを提案してくれます。

パソナキャリアを見てみる

リクルートエージェント

一般の求人サイトに公開していない求人が10万件以上(2020年8月時点)。業界でもトップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントでは、今までの転職ノウハウを活かしたエージェント活動をしてくれるところが大きな特長です。たとえば、職務経歴書や履歴書の添削、希望する会社の面接の傾向を事前にアドバイスしてくれるそう。また、面接力向上セミナーなど、転職活動を徹底的に支援してもらえる手厚いサポートも魅力的。企業との交渉も積極的なので、内定率もバツグンに高いようです。転職活動ではぜひ登録しておきたい転職エージェントのひとつと言えます。

リクルートエージェントを見てみる

人気の事務職で差をつけるには?

事務職は女性に人気が高く、特に正社員の募集になると1人の採用枠に対して何十人、何百人も応募が殺到することもあるとか。そんな中で選ばれる人材になるには、資格を取るのもひとつの方法です。スキルや知識はもちろん、目標に向かって努力し、結果を出せる人」であることの証明にもなります。では、無数にある資格の中でも、何がいちばん良いのか。事務職に転職したい20代女性にぴったりな資格2つを厳選しました。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

おなじみのワードやエクセルのスキルを証明する資格です。パワーポイント、アクセス、アウトルックはスペシャリストレベル(一般)のみですが、ワードとエクセルはその上のエキスパートレベル(上級)があります。

資格の勉強と言うと、ねじり鉢巻きをして必死に勉強するイメージがありますが…この資格は「こんな機能があったのか!と面白く学習に取り組むことができます。すぐに実務に活かせて効率もアップします。

事務職の応募条件には、「ワード、エクセル初級」「パワーポイントできる方歓迎」などと書かれているのをよく目にします。パソコンスキルが原因で不利になるなんて、もったいないですよ!

TOEIC

「英語力必須」という求人も、電話や会議を問題なくこなせるレベルから、簡単な読み書きでOKというレベルまでさまざま。ですがいずれにせよ、転職の選択肢が増えることは間違いありません。英語に憧れがあり、「いつかは……」と思っているなら、転職を意識した“今”が始めどきです!

履歴書に堂々と書けるレベルのスコアを取得できれば、貿易会社や外資系銀行などへの転職も選択肢に。さらには、海外のサイトから情報を仕入れたりできるようになり、ライターとしても有利になります。英語スキルは一生モノです!

2つの資格に共通するのは、あくまで仕事の手段であるということ。企業が求めるのは「パソコン“が”できる人」「英語“が”できる人」ではありません。「パソコン“で”仕事ができる人」「英語“で”仕事ができる人」です。いちばん大切なのは、業務スキルやコミュニケーション力です。資格がなければ従事できない職業でない限り、資格はあくまでもプラスアルファであることを忘れないようにしましょう。

まとめ

20代は吸収力も成長の伸びしろもいちばん豊富に備わっている時期です。ぼんやりしているうちに30代、40代になってしまわないように、自分の力で道を切り開いていきたいものですね。ひとつの会社でコツコツと頑張るのも、転職して色々な会社を知っておくのも自分次第。転職を選択するのなら、後悔しないためにも使えるものはすべて使うくらいの意気込みでやりましょう。アーリーキャリアの一日一日を大切に!
※記事内の求人件数は2021年6月時点のものです

関連記事
女性の転職に強い味方!おすすめの女性向け転職エージェント
女性が一生続けられる仕事はある?おすすめの6職種をご紹介
女性に人気の職業ランキングTOP10!人気の仕事に就くためのポイントも解説

女性の転職に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます