こういうタイプは必ずコケる!?転職先で失敗する女子の傾向

こういうタイプは必ずコケる!?転職先で失敗する女子の傾向

こういうタイプは必ずコケる!?転職先で失敗する女子の傾向

新しい環境に慣れることは、苦手な人にとってはいくつになっても難しいものですよね。転職も同じです。早く職場になじんで気持ち良く仕事をしたいと思いつつも、自分も一緒に働く仲間からも「なんか違う……」と思われるような行動をしちゃっていませんか?今回は、そんな転職先で失敗する女子の傾向をまとめました。当てはまるものがないかこっそりチェックしてみてください。

何かというと前職を引き合いに出す

前職から引き継ぐべきはスキルのみ!前職でのルールや実績などの過去の栄光はすべて捨てるくらいの気持ちでいた方が賢明です。何かと引き合いに出して前職と現職の差を語るようでは好かれないでしょう。転職した当初は、お互いをしるための話題として出しがちな内容ではありますが、あまり引き合いに出しすぎるのは避けるべきです。何で転職してきたの?と思われかねません。

自分だけができると勘違い

転職の理由がどうであれ、現職では周りの人みんなが先輩です。「できる」オーラを出すのは結構ですが、勘違いしすぎるのは要注意!良く知りもせずに相手を見下したり、過去の経験から相手の話をよく聞かずに否定するなど、気がついたら嫌われ女子になっていないよう、ひとつひとつの行動には自覚を持って。謙虚な姿勢を忘れないようにしたいですね。

いきなり目立ちたがる

個性を出すのは、決して悪くはありません。名前を覚えてもらうために自己紹介を工夫したり、積極的に声をかけたりするのは◎(むしろ花マル)ですが、「目立ちたがり」の烙印を押されてしまうと後で苦労しますよ!(笑)何事も順序が大切。社風や空気を読まずに自己主張ばかりしたり、その会社の暗黙の了解に切り込んでいって反感をかったりすると厄介です。じょじょに城を攻め落とすくらいの気持ちで自分の個性を出していった方が楽かも……。しょっぱなから気負いすぎもよくないです。

成果を出すのに急ぎすぎる

成果を出すのに急ぎすぎる

転職初日の挨拶で「一日も早く戦力になります!」というのをよく聞きますが、それが目的になってしまうのはダメ。まずは転職先の同僚と人間関係を築いて、周りとなじむことも大切です。コミュニケーションをおろそかにして、最初からひとりでガツガツ仕事をしていたら周囲は引いてしまう可能性も……。もし、人間関係を構築する前に成果を出すことができたとしても、個人の力では限界があります。同僚と協力してその仕事に取り組んだらもっと大きい成果が見込めたかもしれません。「結果を出したい」「早く認めてもらいたい」と焦る気持ちはわかりますが、会社にとっての利益が出ないのでは本末転倒です。

まとめ

このように転職直後から失敗してきた人は、自分ひとりの判断だけで職場選びをするのは不安だと思います。新しい会社でも前職のようにならないか不安になっちゃったり……。そんな方はプロに相談してみるのも良いかも。「リクルートエージェント」はあなたの経歴や思考を分析し、強みを生かせる転職先をアドバイスしてくれます。「ちょっと言いづらいな」と、言うのをためらってしまいがちな年収や条件の交渉もしてくれるのも安心ポイント。無料でカンタンに登録できるので、この機会に相談してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント
転職成功するならリクルートエージェント

女性の働き方に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます