これだけ見ておけばOK!中途採用されにくい女性のNGタイプ

これだけ見ておけばOK!中途採用されにくい女性のNGタイプ

4月といえば部署移動や組織編成、新入社員の入社など「新しくはじまる」イベントが目白押し。新たな気持ちでスタートダッシュを切ろうという方も多いのではないでしょうか。実はこの時期の前後、内示やプロジェクトの切替わりを見据えた転職相談が急増するんです。そこで、新しいスタートを考える女性に中途採用で知っておくと得する「NGタイプ」を元人事の目線からお伝えします。

NGタイプその1 自分の実績に自信が持てない。

このタイプには2つ種類があります。1つは「自己の棚卸ができていない」こと。もう1つは「出来ていることを言うと、自慢しているよう(あるいは過剰に期待されそう)でイヤだ」と謙遜しすぎることです。前者の場合は、自己分析不足なのでまずは転職サイトや転職エージェントに行き、キャリアアドバイザーにノウハウを教えてもらいましょう。意外に多いのが後者の場合。営業実績のように数字に残ることだけが実績ではありません。ちょっとした業務改善や仕事上で心掛けた工夫など、些細なことでもいいので「集中して取り組んだ何か」を様々な視点から見直してみましょう。そこにあなたならではのオリジナリティや仕事へのスタンスが見えてくるはずです。

NGタイプその2 がんばったのは私だけなんです。という盲信。

仮に成果が出せていたとしても、周りに協力者がおらず、自分だけががんばったんです。だけで終わってしまうのは気をつけましょう。確かにその会社での状況はそうだったかもしれません。しかし、本当に重要なのは、その状況でどうやって成果を出したのかということです。役員に直談判した。周到な根回しをした。どこかで勉強した。社外の人に相談した。など何かしら解決策やコミュニケーションが取れる要素がないと「組織不適合な一匹狼」のレッテルを張られかねません。

NGタイプその3 受けている業種・職種に共通点が全くない。

意外な盲点かもしれませんが、面接終盤の「今他はどちらを受けているんですか?」という質問には、重要な意味があるんです。良い人であれば採用上の競合を知っておき、好条件を提示したいという企業側の意図。もう1つはこれまで話してきた内容の整合性を図るためです。例えば、中小企業を受けたとして志望動機で「もっと裁量のある仕事をしたいから、小さい組織に行きたい」と言っていたにもかかわらず、他の企業が全部大手!だと、その話の真実味が欠けてしまいます。企業側としてはなぜウチなのか、長く定着してくれそうか。を見極めています。

まとめ

オンナを29年やってみて痛感します。オンナの世界って、平均より少し目立つ子はつぶされるんです。だから相手に共感した姿を見せたり、私は大したことないよー。って自分を下げたりするほうが得が多いので、瞬間的にいい顔をしておくことが良しとされる時もあります。しかし、転職場面においては、もっと自分をもって挑んで大丈夫です。まずは自分でやったことのプロセスと結果を振り返り、きちんと自分自身を認めてあげましょう。そうすることで、根拠のある自信をもって転職活動ができるはずです。

女性の転職に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます