女性ならば常識!?靴のこまめなお手入れで転職活動を成功に!

女性ならば常識!?靴のこまめなお手入れで転職活動を成功に!

「靴を見ればその人がわかる」という言葉をご存知ですか?どんなに良いスーツを着ていても、ブランドもののバッグを持っていても、靴がボロボロだと台無し。人となりを最も象徴するアイテムでもあり、海外のビジネスパーソンなどは真っ先に靴を見る人も多いほど。外資系の会社なら面接官が外国人ということもあるでしょう。というわけで、今回は連日の面接続きでもピカピカ!転職を成功に導く靴のお手入れ法をレクチャーいたします!

履く前に防水スプレーを

いちばん重要なポイントがこれ!靴を購入したらおろす前に、細かいホコリなどを軽くふき取り、防水スプレーをかけましょう。この時のコツは、上下左右、靴裏のソールまでまんべんなくふりかけること。これをすることで、雨に強くなるだけでなく、格段に汚れがつきにくくなるのです。

帰ったらブラッシング

家に着いて靴を脱いだら、軽く全体をブラッシングしましょう。専用のブラシはお手ごろなものなら数百円で購入可能。靴を買ったときに一緒に用意しておくと良いでしょう。ブラッシングすることで汚れが取れ、靴も長持ちします。ブラシだけで落ちない汚れはやわらかい布でふき取ればOK。普段のお手入れはこれだけで充分綺麗です。

2足を交互に履く

革靴でもスニーカーでも毎日同じ靴を履くと傷みはかなり早くなります。出来る限り同じ靴を毎日履くのはやめましょう。2足用意して交互に履くのがベスト。そのほうが靴のモチが倍以上良く、初期費用はかかっても結果的にお得になります。履いていかない靴は風通しの良いところに保管し、靴内の湿気を逃すと消臭予防にもなります。もちろん、シューキーパーで形を整えておくとよりベストです。

まとめ

面接に限らず、「衣服よりも前に足元や靴を見る」という人は多くいます。洋服にかけるお金を少し節約してでも、靴はなるべく良いものを購入しましょう。特売1980円などという靴は見た目もチープで、劣化も早め。そうそう、特に女性の目はシビアなので気をつけて。安物、お手入れの有無、かなりの確率で見破られますよ。

女性の転職に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます