転職活動、そのスーツで本当にOK?「あなた」が伝わるスーツを選ぼう。

転職活動、そのスーツで本当にOK?「あなた」が伝わるスーツを選ぼう。

最近ではキャリアステップのひとつの方法として「転職」という選択肢を選ぶ女性も多いと思います。「新しい環境で、またイチからがんばりたい」「もっと自分らしく、世の中に貢献出来る仕事がしたい」「ワーク・ライフバランスを見直して、自分に合った働き方をしたい」などなど、さまざまな想いがありますよね。今回はそんな想いを叶えるために実は重要な「スーツ選び」についてポイントをまとめました。

スーツの最重要ポイントは、「サイズ感」

何はともあれ、面接時のスーツ選びで一番重要なのは「そのスーツ・装いが、あなたのスタイルにぴたっと寄り添っているか」です。大きすぎるスーツは「未熟さ」を連想させますし、小さすぎるスーツは「無理している」印象をもたらします。ポイントを絞るとすると肩幅・ヒップ・身丈の3カ所は、特に注意して選んでください。最近では比較的リーズナブルなスーツ屋さんでも、お直しを丁寧にしてくれるところが多いです。既製品で満足がいかない場合は、店員さんに相談してみましょう。

「自分をどう見せたいか」でコーディネートを決める

就職・転職のスーツの王道は黒や紺の2つボタンに白いブラウス、ボトムはスカート。ただ、それが常に“正しい”装いであるかどうかは実際には疑問です。特に転職においてはいわゆる「就活生」のスタイルではなく「これまでの経験を活かした、あなたらしい」スタイルを体現することが重要です。真面目で謙虚な自分を演出したいなら、黒のスーツに白いブラウスで問題ありません。でも、ネイビーやグレーの方が自分に似合っていて、自信を持てるなら無難な黒を選ぶよりもずっと好印象になるかもしれません。

面接官に「その会社で活躍している自分」を「見た目から」想像させる

就職・転職におけるゴールは「内定をもらうこと」ではなく「その会社で活躍し、幸せになること」ですよね。だからこそ面接官にも「内定の、その先」を想像してもらいましょう。例えば、営業職ならフットワークの軽さや機敏さ、強さを連想させるパンツスタイルで面接に臨む。企画職なら自由な発想力や柔軟さを連想させるように、ブラウスではなくカットソーで臨む、など。出来れば実際にその会社で働いている人のスタイルをチェックしてみましょう。

まとめ

業界や会社の文化、職種によっては、アレンジするより一番無難な装いを選ぶべき場合も、もちろんあります。大切なのは、何も考えずに王道のスーツスタイルを何となく着て面接に臨むのではなく、さまざまな視点から、自分をいかに相手に伝えるかを考え抜くこと。私は過去にスーツ屋さんでアルバイトをしていたこともあり、スーツの選び方によって、その人の見え方が全く変わる瞬間を何度も目にしてきました。「たかが服、されど服」です。せっかくのあなたの想いがしっかりと相手に伝わるように、ぜひ一度、装いについても徹底的に考えてみてはいかがでしょうか。

女性の転職に関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます