会社じゃ教えてくれない、間違ったキャリアウーマンの服装5つの悲劇

会社じゃ教えてくれない、間違ったキャリアウーマンの服装5つの悲劇

キャリアウーマン 服装

男性にも負けない量の仕事をこなし、会議中も物怖じせずに発言、肩書きも管理職クラス、気づけばバリバリの“キャリアウーマン”になっていたという人も多いでしょう。女性なら誰しも憧れるポジションです。しかし、時々ですが、本当に残念なことに、少々イタイ格好をしている方を見かけます。正解のないファッションの世界だけに、起こりがちな残念な現象。今日はそんな「ちょっとイタイ、キャリアウーマンの服装5つの悲劇」をお送りします。

全身プチプラ

「ギクッ」とした方、多いのではないでしょうか?「プチプラはNG」といっても、『UNIQLO』や『ZARA』など、いわゆるファストファッションと呼ばれるブランドは素材もデザインも優れたものが多く、その辺のブランド物を買うのとたいして代わりがないというのも事実です。ここで避けたいのは、全身をプチプラにすること。ひとつは必ずきちんとしたブランド品を入れて全身が安っぽく見えないように気をつけましょう。個人的には今流行の韓国通販ファッションはあまりおすすめできません。確かに安くて可愛いのですが、しわが目立ちやすい素材のブラウスや、すぐ毛玉がついて伸びてしまうニットなどが多く、ビジネスシーンには不向き。楽しむのは学生までにしておいたほうが無難かもしれません。

靴が汚い

年配の方や、外国人スタッフなどのビジネスパーソンの中には靴を真っ先にチェックする人は少なくありません。どんなに良い服を着ていても。ブランド物のバッグを持っていても、靴がほこりをかぶっていたり、底がひどく磨り減っていたらすべて台無し。また最近流行の先がとがった「ポインテッドシューズ」はつま先が痛みやすいので注意!履き方によっては数回でもダメージが出てしまうので、家を出る前、会社を出る前にきちんとチェックするようにしましょう。

肌の露出が多い

オフィシャルな場では肌が見える分量にも注意をしましょう。キャミソールやノースリブを着るときは、ジャケットを羽織る、肩からカーディガンを羽織るなど。スカートの時もストッキングを履くなどして極力生足を出さないように。その代わり、プライベートや健康美をアピールした方が良い場、またそれができる体型ならば存分にアピールしましょう!

ミニスカートすぎる

これはジャッジの難しいところでもあります。なんせ、ミニスカートの方が嬉しい男性も多いですから(笑)。ここぞとばかりの勝負服なのか、ひざ上超ミニのぴっちりタイトスカートで商談に出かける先輩を見かけることもあります。お疲れ様です。しかし、そこにばかり目がいかれても困りますし、なにごともほどほどが一番。ミニ過ぎるのは避けて、ひざ上ぎりぎりくらいまでにおさめるようにしましょう。しかし、幸いなことに現在はミモレ丈がブーム。春夏からはふくらはぎくらいまであるミディアム丈のタイトスカートも流行るよう。無理にミニスカートを履かずとも、ミディアム丈にチャレンジした方が感度の高さもアピールできて一石二鳥♪

フリフリ&ピンクすぎる

あまーい、フリルがついたブラウスや、パステルピンクのニット、ティアードが何段にも重なったスカートが大好き!という女性もいるでしょう。しかし、実はこれが一番危険!!女性らしさの象徴ともいえるこのフリフリ&ピンクを周囲が「かわいらしい」ととらえてくれるのは20代前半まで!以降は大なり小なり「イタイ人認定」をされやすいことを覚えておきましょう。アラサー&キャリアウーマンになったら、フリルはポイント使いに、ピンクはなるべくビビッドよりの色をアクセント使いにとどめるようにしましょう。

まとめ

「キャリアウーマンだから!」と全身真っ黒のスーツや、ブランドものの服で固めることはありません。TPOをわきまえた服装、ちぐはぐにならないバランス感覚、何より自分に似合っているか、この3つに気をつけて服を選べば大丈夫!憧れる先輩のファッションを真似するのもひとつの方法でしょう。

OLファッションに関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます