保湿だけでは足りない?乾燥肌の基礎知識と対策

保湿だけでは足りない?乾燥肌の基礎知識と対策

保湿

「乾燥肌」は気温が下がり、空気が乾燥するこの季節は特に耳にすることが多く、また実際に悩んでいる女子も多いと思います。「乾燥肌」には保湿がもっとも重要ですが、ただ保湿をするだけでは本当の美肌を手に入れることはできません。美肌は、正しい知識と毎日のスキンケアの積み重ねによってつくられています。でも一体、「乾燥肌」とはどんな状態なのでしょうか?そして、どんな対策が必要なのでしょうか?「乾燥肌」の基礎と対策を知り、理想の美肌を手に入れましょう。

【1】乾燥肌とは?|乾燥肌の基礎知識

一般的に私たちが肌の乾燥を感じるのは、肌の一番外側にある角質層の部分です。「乾燥肌」とは、この角質層の水分含有量が低下している状態のことをいいます。角質層は、その水分をキープすることで肌のバリア機能の働きをしていますが、毎日の洗顔や発汗、自然な蒸発などによって減少します。それを補っているのが体内や空気中の水分であり、保護しているのが皮脂・天然保湿因子(NMF)・角質細胞間脂質といわれる保湿成分です。この水分と保湿成分が不足すると「乾燥肌」になってしまいます。保湿成分が不足し、水分がキープできない「乾燥肌」は、肌がとても弱っている状態ともいえます。

【2】保湿成分と乾燥肌|乾燥肌の基礎知識

美しく健康的な肌になるためには、保湿成分「皮脂」「天然保湿因子(NMF)」「角質細胞間脂質」を正常に作り出す肌力はもちろんですが、毎日のスキンケアもとっても大切。過度のクレンジングや洗顔、マッサージは肌の負担となって保湿成分を洗い流してしまい、水分保持力を低下させます。また、入浴は発汗や蒸発により肌の水分を減少させ、紫外線や睡眠不足、ストレスも保湿成分量の低下をもたらします。『洗い過ぎ』や『こすり過ぎ』に気を付け、自身の肌力によって保湿成分の回復を促すために、正しいスキンケアと十分な睡眠、ストレス解消を心がけ、「乾燥肌」を防止しましょう。

【3】保湿スキンケアの方法|乾燥肌の対策

保湿

保湿スキンケアは、肌に不足している水分と保湿成分を補うことが大切です。この季節の体内水分補給は「白湯」がおすすめ。脱水気味になる起床時や入浴後に飲みましょう。外気の乾燥から肌を守り、肌表面の水分を補う「加湿器」も必須アイテムです。 そして、保湿成分はスキンケアコスメで補います。化粧水は、水溶性の保湿成分や美容成分を角質層に届けるもので、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンがその代表的な成分になります。化粧水には油分が含まれていないものが多いため、化粧水だけでは肌の水分が蒸発してしまい、さらに乾燥が進んでしまうことにもなります。セラミドやワセリンなど、脂質が含まれている美容液や乳液、クリームを使用しましょう。ただし、必ずしも全てのスキンケアアイテムを使用する必要はありません。過度な塗布は、自身の肌力による保湿成分の回復を妨げ、元気な角質層が作られず、毛穴の開きや乾燥肌ニキビの原因になります。肌の乾燥度合い、含まれる成分と含有量、テクスチャーなど、肌の状態に適したアイテムを選びましょう。

【まとめ】

「乾燥肌」には、正しい知識と保湿が重要ですが、血行促進による冷えの解消も乾燥肌対策になります。生活習慣にも目を向けて、うるうる肌を手に入れましょう。 →乾燥肌はからだの冷えが原因?!ドライオフィスに負けないインナービューティースキンケアでうるうる肌を手に入れる(http://joshitsuku.com/beauty032/

ヘアメイクに関連する記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでます